大引け後情報9月19日(木)号 

2013.09.19(木)16時30分 東京株式市場 大引け後情報

日経平均大引け:14766.186(+260.82)

日経先物9月限(15時15分):14680(+250)

TOPIX大引け:1215.48(+22.41)

平均株価東証出来高(万株):374897万株

東証売買代金:24147.8億円

【後場の動き】

19日東京株式市場で日経平均は大幅続伸し、終値は前日比260円高で7月23日以来約2カ月ぶりの高値で引け強い相場です。

米連邦公開市場委員会(FOMC)でのQE3縮小見送りは、萎縮しかけた緩和マネーの再流入期待を高めた模様で、為替が1ドル98円台前半と円高方向に振れ、輸出株の一部は伸び悩んだものの、リスクオン環境では極端な円高にも進みにくいとの楽観的な見方が株高を支えた状況です。

また、東証業種別株価指数では全33業種が上昇し全面高となっており、金利低下のメリットを受ける不動産やノンバンクが買われたほか、証券、銀行なども堅調でした。 米金融緩和の維持が世界的な景気回復につながるとの見方から鉄鋼や海運など景気敏感株も上昇した状況です。

個別銘柄では、丸三証券がストップ高、2013年9月中間期の配当を30円にすると発表しており、前期同期実績の2.5円から大幅増配となった模様です。

東証1部騰落数は、値上がり銘柄:1544銘柄、値下がり銘柄:160銘柄、変わら銘柄:49銘柄。

【大引け後コメント】

後場の寄り付きは前場の強い相場を継続し10円高で寄り付いた後15分後には高値14758円を付け2つ目の相場入りの感です。 その高値から調整しても100円程度の調整で、前場と同様引けで強さを見せ付けております。 ここまで来ますと2つ目の高値14900円を目指すと考えます。l アベノミックスの国策と実需のオリンピック開催という長期の政策はロングランで波動を形成して行くと考えます。

明日金曜日(9月20日) 「寄り付前状況」で。

カテゴリー: 市況 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

前引け後情報9月19(木)号 

こんにちは。

現在、日々の市況や推奨銘柄をタイムリーにお送りする新規会員の準備を進めています。

募集要項が決まりましたら、追ってお知らせします。

お楽しみにお待ち下さい。

2013.12.19 12時(木) 東京株式市場 前引け後情報

日経平均前引値:14697.17(+191.81)

日経先物12月限(11時30分):14640(+210)

TOPIX終値:1207.03(+13.96)

平均株価東証出来高(万株):181381万株

東証売買代金(億円):10882.77

【前場の動き】

19日前場の東京株式市場で日経平均は続伸して引けました。

米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和第3弾(QE3)の縮小を見送ったことを背景に米ダウが過去最高値を更新したことや、安倍首相が、消費増税の前提となる経済対策に法人税率引き下げを明記するよう指示したとの一部報道も買い手掛かりとなった模様です。 米緩和縮小が先送りされた背景は、8月の雇用統計が弱く、同時に6、7月も下方修正されたことが重視されたと考えられるものの、ただ米景況感は上向きであり、向こう2─3カ月で雇用は回復してくるとみられ、12月には緩和縮小の道筋をつけそうです。

東証業種別株価指数では全33業種が上昇し、金利低下のメリットを受ける不動産やノンバンクが買われたほか、証券、銀行なども堅調に推移しています。 米金融緩和の維持が世界的な景気回復につながるとの見方から鉄鋼や海運など景気敏感株も上昇しました。

東証1部の騰落数は、値上がり1349銘柄、値下がりが276銘柄、変わらずが128銘柄でした。

【前引けコメント】

日経平均株価は昨日(18日)終値比175円高で寄り付いた後は14686円の高値を付け、約100円の上下を繰り返し、高値での水準をキープし、引けは高値で終了し、強い相場です。

このような相場は前日に仕込をしておかなければ利食いがなかなか出来ないという状況です。 例えば本日寄り付きで仕込んだ方は、全体相場は上昇したかのように見えますが、実際は陰線の方が多いという現状です。 ですから、個別銘柄に関しては横ばいの銘柄の時に仕込みスタートを待つ。 または、下落している銘柄に目を向けて陽線と前日高値を抜いたら買い。 このようなテクニカルを使い、銘柄を仕込む方法もあります。

後場の動きは先日より申している2つのボックス相場の13800円から14500円、14500円から14900円の移行する相場が濃厚となってきております。 ここは、何れにせよ、14500円が両ボックス相場の共通な水準です。 後場も高値は更新は意識せず、個別の波動の良い銘柄に乗っていきましょう。

【後場の予想レンジ】 日経平均株価:14600円~14700円前後

為替:98.07-98.35円 のレンジと考えます。

それでは、 また本日木曜日(19日) 「大引け後情報」で。

※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。

カテゴリー: 市況 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

大引け後情報9月18日(水)号 

2013.09.18(水)16時30分 東京株式市場 大引け後情報

日経平均大引け:14505.36(+193.69)

日経先物9月限(15時15分):14430(+150)

TOPIX大引け:1193.07(+11.43)

平均株価東証出来高(万株):308950万株

東証売買代金:20626.97億円

【後場の動き】

18日東京株式市場で日経平均は反発し、終値では7月25日以来、約1カ月半ぶりに節目の1万4500円を回復しました。 海外勢による先物買いを主体に日経平均は一時、300円を超える上昇となりました。

18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和第3弾(QE3)の縮小が決定しても、債券買い入れ額の縮小が小規模にとどまり、市場への影響は限定されるとの見方が買い安心感につながりました。 外国人投資家からの資金流入が指摘されたほか、ダイワ・ト ップ・オブ・ジャパンなどきょう設定された投信の資金流入も観測されました。

個別銘柄では、7012川崎重工業が続伸し、年初来高値を更新しました。 米ニューヨーク州のロングアイランド鉄道向けの車両製造を受注したとの一部報道が手掛かりとなりました。 半面、東京五輪決定を好感して買われていた1815鉄建建設や1852淺沼組、1822大豊建設など中小型建設株は利益確定売りに押されました。

東証業種別株価指数では33業種中30業種が上昇し、精密機器や電機、自動車などの輸出株が堅調だったほか、銀行、証券、不動産など内需株も買われました。

東証1部騰落数は、値上がり1083銘柄、値下がりが557銘柄、変わらず が113銘柄でした。

【大引け後コメント】

後場の寄り付きは前場引けからの綺麗に連動してスタートし、後場も続伸し14625円をつけ、14500円という居心地の良い水準を探っている様相でした。 調整をしていると言いましても14500円を超えながらの上下です。 この相場は強いですね。 ここでのもみ合いで前回も申しましたが、今までの13300円から14500円の相場から500円上げての下値13800円から14500円上下の動き。 または、14500円前後を下値の14900円のボックス相場の移行か。 ここは見守りながらの展開です。 どちらでの良いですよね。 私はもう一回1万3800円前後までの調整を行い、そして14500円上下の値固めが理想的と考えております。 屁理屈は除き、良い相場です。 しっかりと、調整は買い。 調整は絶好の仕込場提供。

※一つ目は今回の下値は13615円は最悪でも割らない。 二つ目はボックス相場の範囲は以前の下値から今回は500円上げての13800円が下値メド。 この2つを意識して相場を見てください。

では明日水曜日(9月19日) 「寄り付前状況」で。

カテゴリー: 市況 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

前引け後情報9月18(水)号

こんにちは。

現在、日々の市況や推奨銘柄をタイムリーにお送りする新規会員の準備を進めています。

募集要項が決まりましたら、追ってお知らせします。

お楽しみにお待ち下さい。

 

2013.12.18 12時(火) 東京株式市場 前引け後情報

日経平均前引値:145710.76(+259.09)

日経先物12月限(11時30分):14520(+140)

TOPIX終値:1196.20(+14.56)

平均株価東証出来高(万株):163624万株

東証売買代金(億円):9837.47

【前場の動き】 18日前場の東京株式市場で日経平均は大幅反発、上げ幅は一時290円を超え、取引時間中としては7月25日以来、約1カ月半ぶりに1万4600円を回復しました。

前場中ごろからは先物に海外勢とみられる仕掛け的な買いが断続的に入り、裁定買いを伴って上げ幅が拡大し、投信設定による買いも入ったとみられています。 前日の米国株高を好感し主力株中心に買いが先行したほか、18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では量的緩和(QE3)の縮小が決定しても債券買い入れ額の縮小は小規模にとどまり、市場への影響は限定的との見方が広がったことで安心感を誘った模様です。

世界景気や企業業績の回復を背景に投資マイン ドの回復傾向も続いています。

FOMCの結果判明までボラティリティ低下を予想していた投資家が多く、想定外の値動きで短期筋の買い戻しを誘った格好です。

個別銘柄では、7012川崎重工業が続伸し、5月22日に付けた年初来高値401円を更新しました。 米ニューヨーク州のロングアイランド鉄道向けの車両製造を受注したとの一部報道が手掛かりとなりました。

東証1部の騰落数は、値上がり1223銘柄、値下がりが387銘柄、変わらずが142銘柄でした。

【前引けコメント】 日経平均株価は昨日(17日)終値比100円高で寄り付いた後は、ほぼ一直線上に上昇しておりました。 この出発点は8月28日が基点13188円からその後の高値9月11日14561円、そして本日18日高値14604円で11日の高値を43円更新した状態です。 この基点水準はご存知のように私が言い続けました安値水準の32円下の水準です。

【8月28日の基点について】 この動きは忘れもしない8月28日私が「おはよう!株式」下値は13220円は割れませんといい続け、32円申しました安値よりも割れ、一瞬の出来事とはいえ、過去5回目にして私の法則に自信が持てなくなった瞬間です(朝から有事勃発という環境でしたのでこれは良しとしてやり方を変えず今までどおり支持することを決定)。 先ほどの基点8月28日から1383円という大きな上昇をし、昨年11月からの久しぶりの活況です。 上昇するのはありがたく、喜んでおりますがここは大事に相場を見たいという気持ちが8割です。  この相場は実需を伴っておりますので長期間の上昇相場です。 前場のように一気に上昇する時は、利食い先行、そして、強ければ再度付いて、逆指しをしっかり入れる。  後場は前場で約300円の上昇しておりますので、高値では仕込まないよう注意をして下さい。 勢いの良い銘柄を仕込む時の注意は前日まで落ち着いている高値を抜いた時がタイミングです。 後場は高値で仕込まないよう注意してください。 14600円を抜きましたので一回利食いが見られると考えます。

【後場の予想レンジ】 日経平均株価:14500円~14600円前後 為替:99.05-99.35円 のレンジと考えます。

それでは、 また本日水曜日(18日) 「大引け後情報」で。

※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。

カテゴリー: 市況 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

大引け後情報9月17日(火)号 

2013.09.17(火)16時30分 東京株式市場 大引け後情報

日経平均大引け:14311.67(-93.00)

日経先物9月限(15時15分):14280(-40)

TOPIX大引け:1181.64(-3.64)

平均株価東証出来高(万株):363727万株

東証売買代金:18887.94億円

【後場の動き】

17日東京株式市場で日経平均は反落しました。

前日の欧米株高を好感し、一時は前週末比69円高 まで買われたが、サマーズ元財務長官が米連邦準備理事会(FRB)の次期議長候補を辞退したことで、早期の金融引き締め観測が後退し、為替市場での円安一服が上値を抑えた状況です。

17─18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に手控えムードが広がり、中国の上海総合指数などアジア株安が重しとなり、利益確定売りなどで軟化しました。              FOMCの結果が出るまで投資家の様子見姿勢が続くとみられており、全体的な方向感は乏しくなりそうです。

一方、個人投資家を中心に物色意欲は強く、東証1部値上がり率上位には1898世紀東急工業や1852淺沼組、1720東急建設など建設株の低位建設株が並び、2020年の東京五輪開催を見越した買いが続いています。

東証1部騰落数は、値上がり890銘柄、値下がりが739銘柄、変わらずが124銘柄でした。

【大引け後コメント】

後場の寄り付きは前場引けから6円高で変わらない状態で寄り付き、その後は時間の経過と共に14318円まで調整をしました。その後若干戻しました2時頃につけました安値を割って引けた状況です。 先週13日の寄り付き近辺まで押し戻され結局はボックス相場の中での動きが今の環境での居心地の良い水準と受け止めます。

今回の下値は13615円は最悪でも割らないと思われます。

ボックス相場の範囲は以前の下値から今回は500円上げての13800円、上値メドは14500円のボックス相場の振幅を見ておけは良いと思います。  明日も大枠は先ほどのボックス相場の上下を参考に個別銘柄に利用しましょう。

それでは明日水曜日(9月18日) 「寄り付前状況」で。

カテゴリー: 市況 | タグ: , , , | コメントをどうぞ