前引け後情報9月20日(金)号 

こんにちは。

2013.12.20 12時(金) 東京株式市場 前引け後情報

日経平均前引値:14778.75(+12.57)

日経先物12月限(12時01分):14740(+60)

TOPIX終値:1218.23(+2.75)

平均株価東証出来高(万株):199949万株   東証売買代金(億円):11345.64億円

【前場の動き】

前場の東京株式市場で日経平均は小幅に3日続伸して引けました。

前日の米ダウは小反落したものの、外為市場でドル99円前半と円安に進み、業績改善期待などを背景に精密機器や自動車、電機など主力輸出株が買われたことや、大企業中心にメリットのある法人実効税率引き下げに関する報道も株価を下支えした模様で、日経平均は取引時間中で7月23日以来、約2カ月ぶりに1万4800円台を回復しています。

ただ、急ピッチな上昇で高値警戒感があるほか、三連休や22日のドイツ総選挙を控え、いったんは利益確定売りとの動きが出やすく、上値は抑えられた格好です。

東証業種別株価指数では33業種中22業種が上昇しました。 その他製品やガラス・土石製品、精密機器、非鉄金属などが値上がり上位となった一方、海運や石油・石炭製品、倉庫・運輸関連業が軟調な展開でした。

【前引けコメント】

日経平均株価は昨日(19日)終値比35円高で寄り付いた後は、前日の終値を割りマドを埋める寄り状況でしたが30円ぐらいの小幅調整がありましたが、高値14800円前後の強いでのもみ合いとなっておりました。 とうとう、2つ目のボックス相場に入りましたので今後は14500円前後から14900円前後のボックス内の動きでの振幅相場と考えます。 この振幅を繰り返してから5月23日、大きな出来高が示現した昨年11月以降の高値15942円に向かう現相場の第一歩であり、遠くない時期に抜く相場付と考えます。 後場は前場と同様な狭いレンジでの上下ですが、高値でのもみ合いと考えます。

【後場の予想レンジ】 日経平均株価:14750円~14810円前後

為替:99.20-99.53円 のレンジと考えます。

現在、日々の市況や推奨銘柄をタイムリーにお送りする新規会員の準備を進めています。

募集要項が決まりましたら、追ってお知らせします。

お楽しみにお待ち下さい。

それでは、 また本日金曜日(20日) 「大引け後情報」で。

※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。

カテゴリー: 市況   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>