前引け後情報9月17(火)号 

こんにちは。

現在、日々の市況や推奨銘柄をタイムリーにお送りする新規会員の準備を進めています。

募集要項が決まりましたら、追ってお知らせします。

お楽しみにお待ち下さい。

 

2013.12.17 12時(火) 東京株式市場 前引け後情報

日経平均前引値:14417.68(+13.01)

日経先物12月限(11時30分):14370(+50)

TOPIX終値:1189.88(+4.60)

平均株価東証出来高(万株):190212万株   東証売買代金(億円):9902.85

【前場の動き】

17日前場の東京株式市場で日経平均は小幅に続伸しました。

前日の欧米株高を好感し小幅高でひけましたが、17―18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が出るまで投資家の様子見姿勢は続くとみられ、日経平均も明確な方向感は出にくいとの見方が多い模様です。 FOMC後の為替の反応が気がかりですが、企業業績や政府の成長戦略への期待は根強く売り込む動きは有りませんでした。

東証1部の値上がり銘柄が1200を超え、値下がり銘柄を大きく上回るなど相場の中身は指数ほど弱くない状況です。

個別銘柄では、8628松井証券が続伸しました。 中間配当予想を従来の20円から30円に 増額すると13日に発表し材料視されました。 東証1部の騰落数は、値上がり1214銘柄、値下がりが437銘柄、変わらずが100銘柄でした。

【前引けコメント】

日経平均株価は先週金曜日大引け比マドを空け52円高で寄り付きましたが、10分後にはそのマドを埋め14388円まで調整がありましたが、その後、朝のコメントで本日は下値切り上げ方向と申しましたようにゆっくりと切り上げ相場となった様相です。

しかし、上値は限定しており後場も上値抑えられながらの小幅高の展開と見ます。ここで、本日の朝に申しましたが少し大きな下値メドを押さえておきましょう。 過去において大きな節目を見る上で、直近で5回目の下値メドを申しましたが、今回の下値は13615円は最悪でも割らないと思われます。 この下値は私の中では最悪の状態を想定した時のメドです。 なぜ、このような言い方なのかは、調整したときはほとんどの方が通常の心理ではなく、恐怖感で一杯です。 その時を踏まえた上で申していることで、過去の5回は全て、後日、結果としてその通りになっている実績があります。 皆様方から後になってその通りでしたというお声は沢山頂いており、私の励みになっています。 ありがたい事です。 しっかり、記録しておいてください。 朝申した再度になりますが、範囲は以前の下値から今回は500円上げての13800円、上値メドは14500円のボックス相場の振幅を見ておけは良いと思います。 個別銘柄は仕込どころです。 しっかりと、買いの水準を入れて起きましょう。 先ほども申しましたが、後場も前場同様小幅高を上下すると考えます。

【後場の予想レンジ】 日経平均株価:14390円~14450円前後

為替:98.95-99.35円 のレンジと考えます。

それでは、 また本日金曜日(13日) 「大引け後情報」で。

※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。

カテゴリー: 市況   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>