8月28日(水)大引け

8月28日(水)大引け

(日経平均株価:13338.46 -203.91

TOPIX:1114.03 -19.99)

 

東京株式市場で日経平均終値は前日比203円安となり

6月27日以来2カ月ぶりの安値水準で引けております。

 

シリア情勢の緊迫化に伴うリスクを回避する動きが広がり、

幅広い銘柄が売られました。 為替市場では一時1ドル96円

台まで円安が進み、輸出株の上値を圧迫したほか、銀行、

小売などの内需系セクターも軟調でした。一時は354円安

まで売られる場面もあったが、先物への買い戻しで大引けに

かけて下げ幅を縮小させました。

 

米国と同盟国が27日、シリアの反体制派に対し、数日以内に

政府軍への攻撃を行う可能性があると通告したことが明らかに

なり、目先のリスクを回避する動きが広がりました。

米量的緩和(QE3)縮小をめぐる不透明感が続いているほか、

仮に米国によるシリアへの軍事介入が長期化すれば米財政赤字が

拡大しかねないとの最悪シナリオを織り込む展開となりました。

シリア情勢がマーケットに与える直接的な影響は限定的だが、

新たな動きが出るまで先行き不透明感を嫌気するリスクオフは

続く可能性がありそうです。円高一服を背景に大引けにかけて

下げ幅を縮小させたが、新興国の株安や消費税引き上げ問題

などもあり、投資家は積極的にリスクを取りにくい環境と

みられています。

東証1部の売買代金は1兆6454億円と低水準でした。

 

個別銘柄では、8057内田洋行が反発。27日に発表した

2013年7月期業績予想の上方修正を好感しました。

子会社での大企業向けライセンス販売が好調などが寄与した

模様です。

東証1部騰落数は、値上がり137銘柄に対し、値下がりが

1565銘柄、変わらず が44銘柄でした。

カテゴリー: 市況   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>