8月27日(火) 大引け

こんにちは、別府です。

それでは本日後場の市況解説をお届けします。

 

8月27日(火) 大引け

(平均株価:13542.37 -93.91

TOPIX:1134.02 -5.98)

 

27日東京株式市場で日経平均は続落しました。

シリア情勢に対する懸念などを背景にリスク回避の動きと

なりました。テクニカルなサポートラインが下支えし、

下値が固いとみた売り方の買い戻しなどでプラス圏に

浮上する場面もあったが、引けにかけ再び軟化しました。

手がかり不足が指摘され、商いは引き続き閑散でした。

 

シリアによる化学兵器使用は否定し難いとするケリー米国

務長官の発言を受け、地政学リスクの強まりから米国株が

下落した流れを引き継ぎ、序盤の東京株式市場は売りが先行。

為替市場でやや円高に振れたことから自動車や精密などの

輸出株が売られたほか、機 械、証券なども軟調でした。

朝方の売り一巡後は、心理的節目の1万3500円や

5日移動平均線(1万3525 円71銭=27日)など

主要なサポートラインで下げ止まり、売り方の買い戻しを

主体に 指数がプラス圏に浮上する場面もありました。

中小型の建設株の一角がしっかりとしており、

米量的緩和縮小に対する不透明感が払拭されないなかで、

内需株に資金が向きやすい模様です。

 

個別銘柄では、東京電力が急反発。東電福島第1原子力

発電所の汚染水対策に国が積極的に関与することが

明らかになり、材料視されました。自社株買いを発表した

スタ ンレー電気や2014年1月期業績予想を上方修正した

菱洋エレクトロも堅調でした。

半面、ファーストリテやファナックなど指数寄与度の大きい

銘柄が裁定解消売りに押されました。

 

東証1部騰落数は、値上がり495銘柄に対し、値下がりが

1098銘柄、変わらず が158銘柄でした。

カテゴリー: 市況   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>