4月24日(水) 大引け

こんにちは、別府です。

本日朝8:30に放送しましたラジオNIKKEI放送銘柄の推移です。

DNAチップ(2397)は寄り付き210100円で注目し、

終値は237000円(12%上昇)を付け、ヒット銘柄となりました。

その他2銘柄も御覧ください。

http://n600.jp では、無料株式銘柄相談を受付中です。

 

それでは本日後場の市況解説をお届けします。

4月24日(水) 大引け

(平均株価:13843.46 +313.81

TOPIX:1164.35 +20.57)

 

24日東京株式市場で日経平均は大幅反発しました。

1万3800円を上回り約4年10カ月ぶりの高水準で

高値引けとなりました。前日の欧米株高を背景に市場

心理は好転しており、主力輸出株のみならず内需系の

中小型株も物色されました。

日経平均、TOPIXともに年初来高値を更新しています。

外部環境の落ち着きに伴い、再びリスクテイクの動きが

強まっています。景気回復傾向の継続期待で米国株は続伸。

米ダウ平均は25日移動平均線を上回って引けるなど

テクニカル的にも好転しました。為替市場では1ドル99円台

での推移と、依然として大台の壁に阻まれたものの、

日銀の金融緩和姿勢などを背景に楽観的な見方が広がりました。

海外勢の長期マネーの流入や先物への断続的な買いが指数を

押し上げました。 円安が一服し輸出株は落ち着いてきたが、

出遅れの中小型株が物色されるなど、前向きの回転は続いています。

 

海外勢による日本株買いは継続的に入っているが、ど真ん中の

買いは峠を超え、中小型株のほうに資金が流れています。

チャート上も戻り高値を更新してきたということで強気の

サインが出てきています。鉄鋼、海運、化学工業、情報・通信業

などが堅調に推移。ソフトバンク、京セラ、KDDI、信越化学

工業、TDKなどが指数を押し上げました。トヨタ自動車や

ホンダも買われました。

 

個別銘柄では、日本合成化学工業が年初来高値を更新し、

2013年3月期業績予想の上方修正を好感しました。

米アップルの1─3月期決算を好感し、フォスター電機や

村田製作所>などの関連株も堅調でした。一方で大林組 や

鹿島などの建設株の一角は利益確定売りに押されました。

 

東証1部騰落数は、値上がり1390銘柄に対し、

値下がりが258銘柄、変わらずが65銘柄でした。

 

カテゴリー: 市況   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>