2月22日(金) 大引け

こんにちは、別府です。

弊社会員様が利益確定されました助言銘柄をお伝えします。

(3629 クロスマーケティング)は昨日2月21日

990円で助言し、本日22日1230円(24%上昇)

で無事利益確定出来ました。

ノーブルでは、株式に関するご質問を受付ています。

お気軽に御相談下さい。http://n600.jp

それでは本日後場の市況解説をお届けします。

2月22日(金) 大引け

(平均株価:11385.94 +76.81

TOPIX:963.48 +0.62)

22日東京株式市場で日経平均は反発しました。

次期日銀総裁人事を控える中、1ドル93円台を

回復した為替動向などが支援材料となり、先物主導

で後場にプラスに転じました。パルプ・紙、サービス

業のほか、食料品や医薬品などディフェンシブ系が

物色されました。一方、日米首脳会談やイタリア選挙

などを前にしたポジション調整も見られています。

指標発表に伴い欧米株が下落するなど外部環境の悪化

を背景に、東京株式市場では輸出株や金融株を中心に

売りが先行。日経平均は1万1200円を下回る場面

もあり、テクニカル的にサポートラインとして意識

される25日移動平均線に接近する場面もありました。

もっとも、為替が再び円安方向に向いたほか、アジア株

の下げ止まり、来週にも発表される日銀総裁人事への

期待感などから、後場には先物主導でプラス転化して

います。 前場は先物売りに押され、25日移動平均線を

割りそうでムードが悪かったが、後場は雰囲気が変わり

ました。上方向の大きな流れは変わっていないが、

短期姿勢になっており値幅は振れやすい状況です。

個別株では、東ソーが昨年来高値を更新しました。

リチウムイオン電池に関し、熱暴走を防ぐ新素材を開発

したとの報道が材料視されました。パーク24が2012年

11月─13年1月の連結営業利益が同期間で過去最高と

報じられたことを材料に続伸。良品計画や高島屋などの

消費関連も堅調。一方で公募増資などによる希薄化が懸念

された愛知時計電機が続落しました。

東証1部騰落数は、値上がり573銘柄に対し、値下がりが

982銘柄、変わらずが145銘柄でした。

カテゴリー: 市況   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>