11月28日(水) 大引け

こんにちは、別府です。

それでは本日後場の市況解説をお届けします。

11月28日(水) 大引け

(平均株価:9308.35 -114.95

TOPIX:771.39 -10.21)

28日東京株式市場で日経平均は5日ぶり反落

しました。

円安が一服するなか、先行して買われてきた

輸出株や景気敏感株への利益確定売りが膨らみ、

安値引けとなりました。

中国の上海総合指数の下げに伴い中国関連株も

軟調でした。

自民党の安倍晋三総裁に対する期待の流れが

弱まり、株式市場は足元で調整局面を迎えて

います。

「財政の崖」問題を懸念した米株安に加え、

中国株安など外部要因も不安定化しており、

国内勢を中心とした売りに押されました。

解散・総選挙が表明された時からの円安・株高が

急ピッチだったため、リバウンドしていた銘柄を

中心に利益確定売りが出た模様です。

ハイテクや自動車など輸出株がさえないほか、

海運、鉄鋼など景気敏感株への売りが目立ちました。

後場は一段安となり、先物売りのほか、銀行などの

大型株にまとまった売りが出ました。

半面、医薬品や食料品など出遅れ銘柄の一角が

物色される場面があるなど、自律調整の範囲内との

見方は多い模様です。

個別銘柄では、コマツや日立建機、ファナックなど

中国関連株が軟調。中国の上海総合指数ェ節目となる

2000ポイントを割り込んで推移していることが

懸念されました。TDK、キヤノン、ホンダも

売られました。一方で、冬物販売への期待感から

ファーストリテイリングは小幅続伸でした。

東証1部騰落数は、値上がり309銘柄に対し、

値下がりが1279銘柄、変わらずが101銘柄

でした。

■■無料銘柄相談サービス■■

毎日先着6名様に無料でお手持ち銘柄の 無料相談を

行なっています。

・売るに売れなくなった塩漬け株をどうしたらいいか?

・手持ち銘柄の利益確定のタイミングはいつが適切か?

・値動きの無い銘柄から他に乗り換えるべきか、辛抱すべきか?

こうしたお悩みをお持ちの方は今すぐ申し込んでください!

http://www.n600.jp/freeadvice/

 

■■完全成功報酬型会員サービス■■

これまでどこの投資顧問会社も実現できなかった究極の

サービス を当社では自信を持ってお薦めします。

・入会金&年会費は一切無料!

・報酬は純利益の30%のみ!

・損失が出たら、次回以降の利益と相殺!

当社自慢の史上最強の投資情報サービスはこちらから

http://www.n600.jp/service/

それでは、また明日。

カテゴリー: 市況   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>