11月27日(火) 大引け

こんにちは、別府です。

弊社会員様が利益確定されました助言銘柄を

お伝えします。

(6644 大崎電気)は11月21日389円で

助言し、本日27日430円で無事利益確定出来ました。

ノーブルでは、株式に関するご質問を受付ています。

お気軽に御相談下さい。http://n600.jp

それでは本日後場の市況解説をお届けします。

11月27日(火) 大引け

(平均株価:9423.30 +34.36

TOPIX:781.60 +2.10)

27日東京株式市場で日経平均は4日続伸

しました。

終値で9400円を上回るのは7カ月ぶり。

ユーロ圏がギリシャ支援で合意し安心感が

広がったほか、安倍晋三・自民党総裁が

物価上昇に前向きな発言をしたことが

支援材料となりました。

情報・通信や小売など内需株を中心に

循環物色が強まりました。

米国ではダウ下落したほか、金融緩和

期待による円安に歯止めがかかったこと

で、輸出株に利益確定売りが先行しました。

ただし、ーロ圏諸国がギリシャ向け次回

融資の実施で政治的合意に達したことが

明らかになると、先物に買いが入り

プラスに転じました。

世界の株式市場を覆っていた一つの

不透明要因が払しょくされ、株式市場には

ポジティブとなり、需給面が改善する中で、

国内機関投資家の売りを海外勢が吸収する

構図が続きました。

安倍自民党総裁の講演内容については、

物価上昇率のめどを1%ではなく2%と

発言したことで円安にふれ、先物市場で

断続的な買いが強まりました。

これまでの上昇ピッチが速い中で、

指数自体にはスピード調整的な動きも

あるが、個別の物色対象には前向きの

動きが広がっています。

国際優良銘柄に利食い売りが出る中で、

情報・通信を含めた内需系が物色される

など、相場の回転が効いており、

循環物色が強まっています。

自動車、電機、精密など輸出株や鉄鋼など

景気敏感株に一服感が出たものの、

情報・通信業や医薬品、小売、保険業、

銀行業など内需系がしっかりでした。

個別銘柄では、ソフトバンクが東証1部の

売買代金トップ。KDDIも買われたほか、

野村証券が目標株価を引き上げたNTTは

商いを伴って上昇しました。アステラス製薬は

反発、クスリのアオキは連日の上場来高値更新。

一方で、希薄化や需給悪化を懸念しコンドー

テックが急落しました。

東証1部騰落数は、値上がり1104銘柄

に対し、値下がりが442銘柄、変わらず

が145銘柄でした。

カテゴリー: 市況   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>