6月28日(木) 大引け

こんにちは、別府です。

それでは本日後場の市況解説をお届けします。

 

6月28日(木) 大引け

(平均株価:8874.11 +143.62 TOPIX:758.81 +13.33)

 

28日東京株式市場で日経平均は続伸しました。

終値で5月17日以来の8800円台を回復。

円高の一服に加え、27日の米経済指標が

市場予想を上回り米国景気に対する警戒感が

後退したことや、6月末の期末要因も重なり

ました。

 

欧州連合(EU)首脳会議を直前に控え、

前場は薄商いだったが、後場に21日の戻り

高値(8859円04銭)を上抜けると売買

も膨らみ、東証1部の売買代金は1兆円に乗せ、

金融株や不動産株などを中心に東証33全業種が

上昇しました。

 

東証1部騰落数は、値上がり1228銘柄に対し、

値下がり348銘柄、変わらずが96銘柄。

 

EU首脳会議を目前に商いが手控えられるなか、

前日の米株高や欧州中央銀行(ECB)理事会

での利下げ期待などが序盤の市場を後押ししました。

 

 

欧州問題への過剰な警戒感が後退し、5日のECB

理事会で追加緩和策が出るとの期待も浮上したことから、

株式のウエートを落とし過ぎた国内運用サイドからの

買いが入りました。

 

機関投資家らのショートポジションを解消する動きや、

ヘッジファンドによる買い戻し観測が指摘されたほか、

海外投資家などのフローも増えてきています。

 

欧州情勢は予断を許さないものの、ECBによる利下げや

日銀の追加緩和などが期待され、売りにくさがある模様です。

 

業種別では、その他金融業、保険業、銀行業が値上がり率上位。

ソフトバンク や三菱UFJフィナンシャル・グループ、

トヨタ自動車が売買代金上位となりました。

 

個別銘柄では、エーザイが3日続伸。3月27日の年初来高値

3385円を更新しました。米食品医薬品局(FDA)は27日、

米製薬会社アリーナ・ファーマシューティカルズの肥満治療薬

「ロルカセリン」の販売を承認し、同治療薬を米国で販売する

エーザイが材料視されました。

 

新興株式市場はしっかり。日経ジャスダック平均、

東証マザーズ指数ともに反発しました。

人気が高いのは再生可能エネルギー関連で、

ウエストホールディングスなどが人気化しました。

 

■■無料銘柄相談サービス■■

毎日先着6名様に無料でお手持ち銘柄の 無料相談を行なっています。

・売るに売れなくなった塩漬け株をどうしたらいいか?

・手持ち銘柄の利益確定のタイミングはいつが適切か?

・値動きの無い銘柄から他に乗り換えるべきか、辛抱すべきか?

こうしたお悩みをお持ちの方は今すぐ申し込んでください!

http://www.n600.jp/freeadvice/

 

■■完全成功報酬型会員サービス■■

これまでどこの投資顧問会社も実現できなかった究極のサービス を

当社では自信を持ってお薦めします。

・入会金&年会費は一切無料!

・報酬は純利益の30%のみ!

・損失が出たら、次回以降の利益と相殺!

当社自慢の史上最強の投資情報サービスはこちらから

http://www.n600.jp/service/

それでは、また明日。

 

カテゴリー: 市況   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>