3月30日(金) 前引け

こんにちは、別府です。
それでは本日前場の市況解説をお届けします。

 

3月30日(金) 前引け
(平均株価:10098.98 -15.81 TOPIX:856.62 -1.12)

 

30日前場の東京株式市場で日経平均は3日続落しました。

 

東証1部騰落数は、値上がり770銘柄に対し値下がり721銘柄、

変わらずが179銘柄。

 

前日の米国株はまちまちでしたが、外為市場での円高警戒感が重しとなり、

序盤の東京市場は売りが先行。寄り前に発表された2月鉱工業生産速報が

市場予想から下振れし、3カ月ぶりに低下したことも下押し要因となりました。

 

 

ただ、中国株の落ち着きを支援材料に機械株が持ち直しの動きとなるなど

底堅く推移し、日経平均の下げ幅は限定されました。

 

中国の景気減速懸念と米景気の楽観論後退を背景とする円高警戒が

売り材料となっている模様です。

 

カテゴリー: 市況   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>