2月28日(火) 前引け

こんにちは、別府です。
それでは本日前場の市況解説をお届けします。

2月28日(火) 前引け
(平均株価:9579.28 -54.65 TOPIX:829.39 -5.86)

28日前場の東京株式市場で日経平均は続落しました。

東証1部騰落数は、値上がり464銘柄に対し値下がり1090銘柄、

変わらずが114銘柄。

前日の米国株がまちまちと方向感に欠けるなか、円高方向に振れた

為替が重しとなり、利益確定売りが先行しました。テクニカル面での

過熱感も意識され、日経平均の下げ幅は一時100円超となりました。

自動車・電機など主力輸出株のほか、鉄鋼や海運株が軟調。

ただ投資家の押し目買い姿勢も根強く、売り一巡後は下げ渋りました。

会社更生法を申請したエルピーダメモリは処分売りが膨らみ、ストップ安

売り気配。アドバンテストなど、半導体関連銘柄も軒並み売られました。

為替、株ともにいったんピークアウトした印象があり、国内法人や個人等

から利益確定売りが出ています。あすの欧州中央銀行(ECB)による長期

リファイナンスオペの結果で為替がどう動くか注目されます。

カテゴリー: 市況   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>