2月27日(月) 前引け

こんにちは、別府です。
それでは本日前場の市況解説をお届けします。

2月27日(月) 前引け
(平均株価:9698.99 +51.61 TOPIX:841.99 +7.70)

27日前場の東京株式市場で日経平均は4日続伸しました。

東証1部騰落数は、値上がり993銘柄に対し値下がり533銘柄、

変わらずが145銘柄。

外為市場での円安進行が支援材料となり、電機や自動車など

主力輸出株を中心に買いが先行。

日経平均は一時9700円を回復する場面がありました。

ただテクニカル面での短期的な過熱感が意識されている

ほか、円安一服感が広がると伸び悩みました。

生保など国内機関投資家が上値で売りを強めている模様です。

円安に一服感が出ていることや、足元の過熱感が強いことから、

スピード調整があってもおかしくないものの、海外ファンド勢は

日本株のアンダーウエート修正を継続しており、利益確定売りを

こなせば1万円程度までの上値余地も見込まれます。
 

カテゴリー: 市況   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>