1月27日(金) 大引け

ノーブルでは新会員コースを新設しております。

新会員コースでは、入会時に管理費などの初期費用は一切かかりません。

運用実績に応じた成功報酬制度を取っていますので安心してスタート出来ます。

毎週水曜日朝8時30分より、ラジオNIKKEIおはよう!株式を放送しています。是非お聞きになってみて下さい。

 詳しくは、ラジオNIKKEIのホームページにて御覧になれます。

 ラジオNIKKEIのホームページはこちらから

 

☆過去の銘柄の推移

12月28日に取り上げました3082きちりは、当日29400円で寄り付き1月27日には、71800円144パーセントの上昇をしております。

1月11日に取り上げました、5276石川島建材工業は当日145円で寄り付き、1月27日には193円をつけ、33パーセントの上昇をしております。

1月218日に取り上げました、7999MUTOHは当日267円で寄り付き、1月27日には、499円をつけ、86パーセント上昇しています。

ラジオNIKKEI放送銘柄一覧はこちらから

 

1月27日(金) 大引け
(平均株価:8841.22 -8.25 TOPIX:761.13 -3.48)
27日東京株式市場で日経平均は小幅に続落。前日の米国市場が反落したことを受け、東京市場も全般的に売り圧力が強まった。原油価格の上昇を受け資源株買いなどが相場を押し上げる動きもあり、日中は前日終値を挟んでもみあった。ただ、前週からの上昇で過熱感が出ているほか、日経平均8900円付近では国内機関投資家による売りも観測され、上昇局面でも上値が抑えられた。後場は外為市場でドル/円の下落に連動して指数も軟化した。
東証1部騰落数は値上がり639銘柄に対し、値下がり881銘柄、変わらずが149銘柄だった。
26日の米国株式市場は反落。前日の米連邦準備理事会(FRB)による低金利政策の長期化方針表明に支援され、序盤はプラス圏で推移したが、予想を下回る住宅指標やまちまちの企業決算を嫌気した。S&P総合500は年初から5%近く値を上げており、利食い売りが優勢だった。年末から約1カ月続いた米国市場の株高基調も、今後は調整局面入りするとの見方も浮上している。
個別銘柄では26日に大幅な人員削減計画や12年3月期業績予想の下方修正を発表したNECが急落。本来、株価にはプラス材料となる人員削減策も、赤字幅が想定以上に大きく、赤字の止血的なものとしか取れず、今後の成長の糧が見えないうえ、根本的な解決策が打ち出されていないとして売り材料となった。後場には対ドル、対ユーロで円高が進んだことを嫌気し、トヨタ自動車など主力輸出株の一角が下げ幅を広げた。一方、新興株式市場はまちまちの展開。ジャスダック市場では、連日満員の「丸の内タニタ食堂」を運営するきちりや、ハブが買われた。きちりは、前日に引き続き昨年来高値を更新。ストップ高で値上がり幅トップ。ジャスダック指数は8連騰となった。逆にマザーズ指数は続落。主力のサイバーエージェントやスカイマーク、KLab、ナノキャリアなどが売られた。

カテゴリー: 市況   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>